IMEがタスクバーから消えてしまって日本語入力できなくなってしまった時の対応方法

IMEがタスクバーから消えてしまって日本語入力できなくなってしまった時の対応方法

先日、Office 2013をインストールしようと古いバージョンのOffice 2007をアンインストールしたところ、通常タスクバーの右下に表示されている日本語入力に必要なIMEが

ime20150317-1

(あれ!ない!)

タスクバーから飛び出しているのかと思い画面上をくまなく探しても

(無い…消えてしまった…)

文字の入力を確認してみると、英数しか入力出来ないので

「Office消した時に間違って一緒にIMEも消してしまったのか…」

と思ったわけなのですが、実はそうではなかったのです。正確には”認識されなくなった”と言うのが正しいでしょう。以下復旧方法です。

1.コントロールパネル(表示方法を大きいアイコンにする)から「地域と言語」を選択

ime20150317-2

2.キーボードと言語タブの「キーボードの変更」を押す

ime20150317-3

3.全般タブの「追加」を押す(※画像はIME復旧後のものです。復旧前は”既定の言語”および”インストールされているサービス”共に空欄でした)

ime20150317-4

4.下までスクロールし「日本語」を開き「キーボード」の「Microsoft IME」にチェックを入れOKを押す(画像はIME復旧後のものなので既定となっています)

ime20150317-5

これでIMEが復旧され無事日本語入力が出来るようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください